常識って正しくないことが多いです。
巷では原発は危険で再稼動させず、火力発電が再稼動されていますが。
自動車や石炭火力は原発より危険である

テレビや新聞で報じられることは真実なのか?
なんの根拠もなしに信じてしまうことは実は恐ろしく感じます。

データで確認していくという習慣がなく、なんかエライ肩書きのおじ様達がテレビで
語られると、それが真実のように感じます。

TWh(1兆ワット時)あたりの死者は、石炭火力の161人に対して原子力は0.04人である(ほとんどがチェルノブイリ事故の死者)。石炭や石油の死者 は、主として採掘事故によるものだ。少なくとも人命を基準にするかぎり、原子力は石油火力はもちろん、バイオ燃料より安全なのだ。

自動車や石炭火力は原発より危険である : 池田信夫 blog より

原発の例で言うと、人命を第一に考えた場合、原発の方がはるかに死者が少ないのですね。

発癌性で考えても、タバコを1日1~9本吸い続けることによる生涯のリスクは、3.4シーベルト。原発作業員の被曝限度の14倍である。あなたが原発を恐れるなら、まずタバコをやめたほうがいい。

自動車や石炭火力は原発より危険である : 池田信夫 blog より

あれだけ恐れられている放射能ですが、実は喫煙者の方が発ガン性のリスクが高まると
いいます。

TVなどのメディアでは、「反原発」、「脱原発」と盛んに言われていますし
多くの人がその流れで、「そうだ」と考えていると思います。

しかし、こういう反対の意見を知ると、立ち止まってちゃんと考えることができます。


「反原発」の不都合な真実



また、常識というとアメリカは平等な社会で、誰にでもチャンスがあるイメージが
あるのですが・・・・。
実は英米より日本の方が機会平等で実力社会

英米では、親の所得が子供の所得に影響してくるというデータがあります。
特にアメリカは多人種の国です。人種による壁もあるのでしょう。

そう考えると、日本の方が機会は平等にあるように思えます。

さらに今はネット社会になって、個人でもブログやwebサービスを立ち上げて
成り上がっていくことも可能です。

事実、GREEやmixiも元々は個人が運営するwebサービスでした。

僕らは運良く、日本人に生まれてよかったと思います。