皆さん、「トリコ」という漫画をご存知でしょうか?


この漫画は、週間少年ジャンプで連載されている人気漫画で、アニメ化もされています。

この漫画、美食が重宝されている世界で、未知の食材を探す美食屋と呼ばれる
職業の主人公と、その相棒である料理人が冒険を繰り広げるストーリー。

なんでこの漫画を紹介したかというと、ものすごいシンプルなストーリーで
ベタな少年漫画なのにも関わらず、人気を博している点に疑問を持ったからです。

僕も読んでいるのですが、確かにおもしろい。なんでおもしろいと感じるんだろう?

この漫画の主人公は、超人的な身体能力を持っていて凄まじく強い。
けれども、敵味方に関わらず、主人公より圧倒的に強い人物が沢山登場するんです。
世界も主人公が行った事がない未開の地が沢山ある。その代表が、能力の高い実力者
しかいけないグルメ界と呼ばれる地域があります。

つまり、主人公より強い奴が沢山いる。とんでもない未開の地がある。
「あいつとあいつが戦ったらどっちが強いんだろう?」「グルメ界ってどんな所なんだ?」と
いうワクワク感、冒険心が沸いてきます。



それと共通する漫画が「ワンピース」。これは説明するまでもなく、超がつく人気漫画。
熱狂的なファンも多数いますね。この漫画もトリコと同じで、読んでいると
冒険心が沸いてきます。

もちろん、これらの漫画の面白さの秘訣は、これだけではないのでしょうけど。


一方、政治の世界では、一番人気がある政治家は橋下大阪市長。
大阪都構想や道州制、首相公選制といった改革を掲げています。
この改革が実現すれば、日本が大きく変わる。
誰も経験したことの無い新しい日本の形ができるのです。
誰も経験したことが無い未知の世界なんですね。


橋下語録

それに多くの人が賛同しているのです。トリコやワンピースのように
皆、未知の世界を見てみたいと思っているのでしょう。
日本人は未知の世界を開拓したいと思っているのです。

しかし、なぜ日本はこんなにも変われなく、閉塞感が漂っているのでしょう。

僕も含めてですが、きっと先頭に立ってやるというのが怖くてできないのかなと
思うのです。冒険する、開拓するという言葉は聞こえがいいですが
暗闇の中、どんな道かわからない道を自ら先頭に立った歩くのと同じですから
恐怖というのもあります。
なので、強くて勇気のあるリーダーの後ろについて行こうとします。

きっと、現状を変えたいという気持ちは持っているんだと思います。
だから、ワンピースやトリコが人気になるし、強いリーダーシップのある
政治家が人気になるのでしょうね。